FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
74号品評会 3日目
 弟がVBに嵌りました。甘士河汀です。

  上野葵『詩の詩』『夜空』
 はい。我が部が誇る会計さんであり、言葉へのフェティッシュが強いことで知られる葵先生の詩ですね。詩は化石、という発想からスタートしたそうな。詩が持つ永遠性や、色合いの出し方が評価されました。『詩の詩』に関して、より踏み込んだ演出が必要との意見も出ました。僕ァ、小説も読みたいです。

  いぶきふうか『にごり茶』『夢に春』
 『にごり茶』は小説で、『夢に春』は詩です。小説は初挑戦だったそうですが、不慣れながらもコンパクトに纏めた作品でした。一方で、キャラクターの掘り下げや感情の上下動の拙さが指摘されました。『夢に春』はその美しさから高評価が多く見えた作品でした。前作と比べても格段の成長が見えました。

  月島かな『閉ざされたさなぎの中で』
 書きたいものを書いた、ということで賛否両論が出た作品ですね。少年の、ちょっとした勇気とささやかな成長を描いた作品でした。ラストシーンがあれで良かったのかという意見や「好きなものを書く」という姿勢と作品のギャップが指摘されました。しかし、良かった点としてジェンダーをテーマに据えながらも安易に恋愛を扱わなかった点や、主人公にポジティブな印象を受けたという意見が出ました。

  倉下げる『クロノオリ 灯夜編』
 さあ帰ってきましたよ、9ヶ月ぶりですかね、倉下さん家のげる君です。連載第一話ですが二話であるという噂もあるそうです。なお品評会は本人病欠のため、作者不在で行われました。明るい先輩とデートするお話でした。嘘ですが。いや嘘ではないかもしれない。ラノベ的文体には賛否ありましたが、そういう作品なんだからオッケイということですよ、オッケイ! キリスト教系モチーフの使い方や建築知識の不明瞭さが浮いてしまっているという意見も見受けられました。

  波多野琴子『なきごと』
 詩ですね。なんか詩多くないですか? 良いことだと思います。エッセイなんかも誰か書かないかなと。食レポとか読みたいです。人狼をモチーフとした嘆きの詩でした。小説的な詩で、シンプルに纏まっていて良かったという意見が複数見受けられました。詩として突き抜けられなかったなという印象もありましたが、この詩が次に出す小説へと繋がっていくそうなので、ある程度萬屋を読んでいる人には楽しみが増えた、ということなのではないでしょうか。

【74号夢幻賞】
一位 凪宵悠稀『なにかいる』
二位 河音小判『もしもサチコが死んだなら』
三位 甘士河汀『オーセンティック行進隊』

 隣でゲームをやっている弟から「おるやんけ、どなたかおるやんけ」という声が聞こえます。甘士河汀でした。
スポンサーサイト
[2018/05/17 21:09 ] | 未分類 | page top
74号品評会 2日目
こんにちわ、上野葵です。
前書き? 書きませんよ。3日目担当の甘士河汀先生は前書きが一番悩むと言っていましたが、私は書きません。書かないという宣言が前書きになっているので良いのではないかと。
では、さっそくさくっと。


鬼殺空想達磨『エーブリエタースの先で』

キャラやセリフが高く評価されました。読みやすく、ギャグが伏線に絡んでいたり、連載でありつつも1話の中で起承転結があったりと技術面においても高い評価がありました。
ただ、主人公の善悪の葛藤については1話の段階では早すぎるという意見やギャグにおいてリアリティがかかる場面が見られるとの指摘も。ヒロインの必要性などが問われ、主人公の葛藤について説明をささる役割を負わせてもよいのではという意見もありました。


甘士河汀『オーセンティック行進隊』

おもしろいという意見がありつつも作者の意図するものではなくなってしまったようです。その点においては作品の雰囲気づくりや作者の真面目さが裏目に出てしまったという指摘がありました。また作中から伺える様子から問題解決が遅いとの指摘がありました。
凪宵悠稀『なにかいる』

恐怖の持続性が長い面が評価されつつもいまいち怖さがないという指摘がありました。作品全体の雰囲気づくりが原因ではという指摘も。
連作となっていたためその順番や統一性が考えられていなかった点においても怖さを半減させてしまうものがありました。またこだわるところが違うという意見があり、どこを掘り下げ文字数を裂くのか考えるべきとも。

河音小判『もしもサチコが死んだなら』

藪の中方式で書かれた点において技術的に評価されたものの、朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』にのっとられているためその作品を読んだ人からは低評価でした。そのためオリジナリティに欠けると指摘がありました。また死ぬかというものは大きすぎる要素であったとの意見も。


2日目は以上となります。
[2018/05/07 15:53 ] | 未分類 | page top
74号品評会 1日目
 お久しぶりです。今回のブログ記事は凪宵がお送りします。気がつけば前回このブログに出没してから一年近く経っていました。もう三年生ですよ。
 この分だとあっという間に卒論書かされてあっという間に大学から放り出されそうですね。怖い怖い。
 ……と、まあそんなことはどうでもよろしくて。今回は4月21日に行われた萬屋夢幻堂74号品評会、その一日目のレポートです。



有栖正午『せいじょうよりあいをこめて』
 モールス信号を用いた……というか、まるごと全編モールス信号で構成された異色作。品評会しょっぱなからこれですよ、ゾクゾクしますね。
 新入生歓迎号ということで、萬屋の自由さを作品を通して新入生に知ってもらいたかったそうです。また、昨今の萬屋を取り巻く『新しいことに挑戦しよう』という気風に乗りたかったともおっしゃっていました。
 作品の性質上恐らく『読まれない』であろう作品。しかし、読者に読まれないからこそこの作品は物語として完成する……この仕掛けはまさにやったもん勝ちでしょう。
 一方で「奇抜なことをやろうとしすぎて失敗しているのではないか」「モールス信号単体ではただの記号の羅列でしかなく、作品として成立させるには読者とこの作品を繋ぐ何かが欲しい」といった意見も。新しいことへ挑戦した後には、いつだって課題が残るものですね……。
 
有栖正午『どうせならフィルムの褪せるように』
 有栖先生二作品目は詩でした。森田童子の歌から引用しての作品ということで、他の作品から引用しての作品作りについてのお話が出ました。引用するならばその上で元の作品には無いメッセージを伝えるべき。引用したうえで同じことを言うのでは面白みがない……とのこと。
 その他には日本語の韻についてなども話題に上りました。最近は冊子の中に掲載される詩の本数も増加傾向ということで、「ちょっと一枚噛んでやろうかしら」なんて考えているナギヨイにとってもタメになる品評でした。

柚科葉槻『CoRDⅤ:真の願いは君を呼ぶ』
 65号より続く連載作品、堂々完結! 改めまして、おめでとうございます。
 品評会では柚科先生お手製のシリーズまとめプリントが配布されたりと、先生の愛の詰まった作品だということが伝わってきます。
 設定の回収や安定したキャラクター造形などには評価が集まりましたが、一方で最終回ならもっと盛り上がっても良かったのでは? という意見もありました。『最終回だからこそ』という連載作品ゆえのハードルの高さというものは読み切り作品とは違った部分で大変なもののようです。
 柚科先生はこの春で大学を卒業されましたが、この作品にはまだ「先」があるようです。きっとどこかで、また会えるでしょう……。

甘士河汀『Ongoing』
 萬屋夢幻堂一漢字変換がめんどくさい作家こと甘士河汀。僕は彼の名前を入力するときは「甘い武士」と入力してから縮めているので、もう僕の脳内では勝手に甘党のお侍さんになっています。甲冑着込んで団子とか食ってます。
 そんな甘い男の最新作は、人工知能が搭載されたカメラが人のいなくなった世界で映画を撮り続けるという物語。映画、AI、ポストアポカリプス……甘士先生の好きなものがぎゅっと詰まったみたいな、そんな印象を受けました。
 読みやすいライトSFでありながらロードムービー的であり、そしてどことなく漂うラブコメの波動(死語?)……色々な側面を持ったこの作品はそれだけに好みに思う人も多いのではないでしょうか。
 甘士先生自身苦手だと言っていたキャラ造形についても好評が集まりました。しかし、物語が開始から終わりまであまり大きく動いていない事などに惜しいという声も。もっと先が見たかったと、僕自身も思いました。作者的にはドラマ性を排した作品を想定していたそうですが、生き生きとした二人の人工知能の作り出す世界は思っていたよりもドラマチックだったようです。よく「キャラが独り歩きする」なんて現象があるとまことしやかに囁かれますが、もしかしたらこの作品がそうなのかもしれません。もちろん良い意味で。

浅上皐月『灰色の鏡 三章』
 70号より続く連載作品、堂々完結! ……うん、さっきも同じこと言ったね。
 最終章らしく、異様な盛り上がりと異様なスピード感で駆け抜けた青春ストーリー。それぞれ毛色が違った一章二章を踏まえた上で、その両方の雰囲気を継承した第三章はまさしく集大成。
 三点リーダーの効果的な使い方、展開の急さ、キャラクターの扱いについて、エピローグの効果、等が主だった論題でした。こうして並べてみるとまだまだ課題は多そうですが、これを補えるだけの不思議な魅力がこの作品にあったのも事実。
 敢えて誤解を恐れずに書くと、この作品は狂っているんです。人が、舞台が、世界が。しかし、その狂った世界を物語としてまとめ上げている作者の技能は本物でしょう。
 浅上先生の持ち味は「ナチュラルに狂った」(議事録そのまま)キャラ造形だと思います。この武器をさらに磨かれたとしたら……きっと、とんでもない作品が出来上がるに違いありません。期待してるよ! だって君連載終わらせた唯一の現役生だしね!(勝手にハードルを上げていく)


 はい、こんな感じです。個人的な74号の総評ですが、なんか作品を取り巻くエネルギーみたいなものがどんどん濃密になっているような気がします。部誌の厚さだけでも、僕が入部した当初よりもかなりブ厚いですし。この流れは、とても良いことだと思います。この調子で皆面白いものをどんどん書けたら良いですね。
 夏号は新入生も華々しくデビューを飾ることでしょう。掲載作家の顔ぶれがどんどん入れ替わっていくことにどことなく寂しさも感じますが、なんだかワクワクします。さて、そろそろナギヨイもPS4のコントローラーを置かないとね。
 それでは、またいつか。
[2018/05/06 21:58 ] | 未分類 | page top
73号品評会 3日目
どうも、1人ブログを遅れて更新する浅上です。いや、部ログ……?
ちょっと面白いこと言い過ぎましたね。そういえば素晴らしくイベントサボってたので危なかったんですが、滑り込みでアサシン式ゲットできました。やったぁ。心底どうでもいいので本題の方に入りましょう。



・『コーヒーはいかが?』 上野葵先生
過去に何作あったのかは知りませんが、少なくとも私が入部してからは初めて見る短歌作品です。字余り字足らずに拘らず、30首の歌が全て1つの物語としての繋がりを見せている点など、形式面でオリジナリティを発揮している作品でした。文章の流れの美しさに評価の声が集まった反面、文字の大きさなどまだまだ洗練されていない部分があるといった意見の他、短歌は解説させるべきか、といった議論も多少ありました。
余談ですが、朝一番の品評は人数の少なさと寝ボケ頭のおかげか和やかなムードになることが多いです。この日も話は飛躍して不倫はアリかナシかだとか……まあこの話はいいや。

・『刃のない刀』 月島かな先生
前回から始まった月島先生の連載作品『ナイトスクランブル』シリーズの2作品目です。1作目よりもストーリーラインがはっきりと見えている点などが評価されました。一方で、設定の矛盾の多さやキャラクターの魅力など、目に見えた改善点も多数述べられた作品でもあります。
ちなみに現執行の代から、部で連載を始めるには連載の専属編集を定めることとその専属編集へのプロットの提出、といった条件が必要となりました。ちなみにこの作品の専属編集は私だったりします。
……え?私も連載抱えてる?知りませんよそんな子。

・『先生は先生』『深いアカ』『いきゴミ』 いぶきふうか先生
こちらは新人作家さんの作品です。3作とも詩です。3作同時品評ってのも私初めて見ましたね。
作品として多く寄せられた品評は、良くも悪くも表現が非常にダイレクトであること。好きな人は好きになるであろうし、そうでない人はそうでない。こればっかりは難しい問題ですが、先生にはこれからも頑張っていただきたく思っております。

・『琺瑯質の目をもつ乙女』 波多野琴子先生
毎度おなじみ波多野先生の、『Living Deads' Life』シリーズ最新作です。地の文の雰囲気等からの世界観の構築やキャラクター造形の巧みさなどに多くの注目が集まった作品です。かく言う私自身、この作品好きすぎて今何書けばいいかわからなくて液晶画面の前で固まってるわけなんですけどね。あぁー、重い過去背負ってるキャラ好きですよぉー。あとあんま言うとネタバレになるんでアレなんですけど、私近親相姦ってジャンルにもちょこっと惹かれるものがあったり。

・『コズミックシティ』 甘士河汀先生
引用文から始まり、横書き800字の文章が10ページと続く、かなり独特の形式で臨んだ甘士先生の小説作品です。甘士先生が思う物語を作る意義を、外ならぬ物語自身が語ってくれます。思い返せば、今号はこの作品のように独創的な形式で読む側を楽しませるような作品が多い号だったような気もしてきますね。なんにせよ、若い人達の独創性には感服です。これからも自分のペースで楽しんで創作していって欲しいですね。
ちなみにさっき言った「若い人達」は当然私自身を含んでますよ。老いない、懲りない、疑わない。これ浅上三箇条です。



さてさて、今回も錚々たる顔ぶれが揃った萬屋夢幻堂だったわけですが(私は出してない)、全作紹介し終わったので夢幻賞の発表といたします。ちょっとTwitter遡ってくるんで待っててくださいね。あったあった……ってツイートしてるの私やんけ!(一人芝居)

三位 『コーヒーのシミみたいな』 凪宵悠稀先生
    『一杯三六五円』 蓮由貴乃先生

二位 『知らない人の家に上がる。』 柚科葉槻先生

一位 『琺瑯質の目をもつ乙女』 波多野琴子先生

受賞したみなさん、おめでとうございます!
ちなみに私はブログを担当する中でここでしか色付き文字を使わないんですが、各々の色はどれがその作品に合ってるかを判断基準にして独断で決めてます。俺の作品こんな色じゃねえよ!とか思った方は、まあ、うん。ごめんね。



ぷはー、これにて今回の品評会ブログ記事はおしまいです。個人的にはここらで春号締切と共に行った九州一週間旅行の思い出とかも語りたいんですが、完全にスレ(?)チなのでやめておきます。最近私の自分語りしたい願望が尽きません。どうしたものかしら。
というわけで、またいつかの機会に。以上、浅上皐月でした。
[2018/03/09 19:44 ] | 未分類 | page top
73号品評会 1日目
 コーヒー……苦味の中に深い味わい、なんて手垢塗れの表現でしか私はコーヒーを表現することが出来ませんし、「コーヒー」というのは〇薬の隠語で自分に求められているのは麻〇カルテルを潰さんとする特殊部隊の活躍を描くことなのではないか……そんな迷走をした果てに、私はこの七三号の原稿を落としました。しかし、期日通り原稿を完成させ「コーヒー」というテーマの中のびのびと作品を書き上げた方の多かった今号は、とても完成度の高い号だったんじゃないかなあと個人的には思っています。お世辞じゃありませんよ、ええ。
七四号の締め切りが目前に迫るのを感じながら、冷や汗かいてブログを書いているのは私、鬼殺空想達磨であります。やたらとアクの強い名前ではありますが、どうぞ気にせずこのまま下の方を読んでいってください。

はい、一日目スタート。

蓮柚貴乃『一杯三六五円』
テーマ作品として書かれた、コーヒーを通してとある人生を語る短編小説。拙い要約でごめんなさい。
一人の人生をとてもよく表現している、内容がつかみやすく文章もきれいなので読みやすかった、という声も多かった一方で、時代ごとの書き方、特色をもう少し考えた方が良いという意見や、もう少し文章を多くして内容を充実させた方が良いのでは、といった意見も見られました。

 有栖正午『微睡の繭 中編』
一人の女子高生が、突如来訪した襲撃者たちから人々を守るため、強力な力を持つ巨人に乗り込み悪と戦う連載作品。今回はその中編でした。
 襲撃者たちとの戦闘がメインだった前編とはうってかわって、中編は主人公のキャラクターに焦点をあてた内容でした。主人公のキャラがたっていた、作者の力を入れたシーンが、しっかりと読者に伝わっていた部分もある一方、背景システムや舞台などの説明が不足している、伏線が散らかっていてよく分からなくなっている、そのあたりを考えるとボリュームが不足していた、などの声があがりました。
 次がいよいよ後編、一体どのようなラストが待ち受けているのか、期待が高まっています。

 凪宵悠稀『コーヒーのシミみたいな』
テーマ作品。コーヒーを通して人生を振り返る短編小説。
 生き生きとした雰囲気や、どこか憎めない夫のキャラクターなど、完成度が高い作品だったという声の多かった作品でした。その一方で展開に対して勢いをつけ切れていない、着火が弱いという意見、大学生を二人も抱えている人妻にしては若すぎる、苦労が見られないなど、の意見もありました。

 八鞠いち華『にがい夢』
テーマ作品。コーヒーと夢が中心の恋愛小説。
 どこか歌詞を思わせるような柔らかな文章は評価が高く、とくにひらがな使いの上手さが際立っていた作品でした。中には文字列に興奮すら覚えた人もいました。一方で、夢オチに対する賛否や、細かい描写を増やすべき、といった意見も見受けられました。


 品評会一日目に関する報告はこれにて終了、引き続き二日目の報告がきっと私ではない誰かによって極めて明確に、簡潔にまとめられていることでしょう。最後まで拙い報告に付き合ってくださり誠にありがとうございました。それでは、またの機会に……
[2018/02/26 21:23 ] | 未分類 | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。